IT資格の種類が多すぎてどの資格が必要かわからない

>

情報システムの国家試験の合格率は約15パーセントと低い

情報システムが主となる国家試験

ITマネージャー系資格については、現場に技術者としているのではなく、現場をまとめて管理することが主な仕事である方、後に業務管理を担当するという方に適した資格でしょう。
IT知識の多さは勿論のこと、いかなる場面においても対応力や柔軟な思考力を要求されるマネージャーにとっては、この分野の資格を取っておくことは、これからの自信と武器になるのではないでしょうか。
システム監査技術者の資格については、情報システムの要件定義・企画・運用・開発においての安全策の実現を支援すると共に、情報システムの土台となる場所を整備して、情報セキュリティの専門家として、支援する方のための国家試験なのですが、合格率は14パーセントと低く、難しい試験であることは間違いないでしょう。

人との関わりが必要な国家試験

ITサービスマネージャーとは、情報システム全体に於いて、安全な稼働を保ちつつ、障害が発生した際においては、最小限に被害を抑えると共に、品質管理・継続的な改善などの信頼性や安全性を主体とした奉仕活動を提供し、行う方を対象としている国家試験なのですが、こちらも合格率は約14パーセントとあまり高くはないでしょう。
合格するための勉強期間はおよそ100~150時間必要と言われています。
プロジェクトマネージャーとは、事業計画全体の趣旨について実行し、コスト・品質・納期に於いて全責任を持つ、前提や制約条件の中でいかに事業計画を確かに成功に導くためと、同仲間を成長させるために、マネージャーを目指している方にお勧めできる国家試験なのです。
コミュニケーションや人との関わりなどが重要な試験ともいえるでしょう。


この記事をシェアする