IT資格の種類が多すぎてどの資格が必要かわからない

>

国家試験として認められている3つの試験とは

試験内容が変更されるので注意が必要

技能を持つ人や情報技術に関する全般的な知識・プログラム設計書などを作り、企画開発や単体テストを行い、一連の過程を担当する方にとって必要な国家試験なのです。
戦略系・科学技術系・経営管理論系の各分野において、幅広く出題されるでしょう。
受験者数は、毎年10万人以上になり、IT科学技術者の基礎資格と言われているのです。
経営理論系の問題が出題されることが多いので、経営論理の前進が基礎固めに繋がるでしょう。
合格率については、約25パーセントであり難易度は高いのですが、国家試験が少ない中で、あらゆる業界において必要性があり、習得までの目安については半年くらいでしょう。
試験内容が、2020年4月より変更されるので注意が必須でしょう。
出題の範囲としては、COBOLが無くなりpythonが追加され、配点の割合や問題数などにも変更があるでしょう。
時代に合わせて、随時試験問題が改正されることが予測されるでしょう。

IT人材に必要なのは応用的知識

一度、試験に合格された方も出題内容が変わった段階で、再度チャレンジしてみるのも良いでしょう。
応用情報技術者とは、IT人材に必要なのは高度な応用的知識や技術を用いて、方向性が設定されている方のための国家試験なのです。
情報技術を使用した、情報戦略や経営戦略において、経営者の方針に従い経営に取り組む、部外環境を正しく捉え、事例の収集が出来ること、定められた状況を見守りつつ指標に基づいた相異分析を行うことなどの技術水準が要求され、内容的には「基礎情報技術者」と同様ですが、レベルは高くなるでしょう。
マイクロソフトオフィススペシャリストの資格については、あらゆる仕事において、事務能力やパソコンのスキルの裏付けとなるので、業界・業種に関係なく人気の高い資格の1つでしょう。


この記事をシェアする